ZWbis 1/76 KROTE 11

bis76krotehead22
 目ん玉。
bis76krotehead23
指でつまむのが難しいですが、なんとか整形。
bis76krotehead24
スジボリ入れつつ、瞬着でポッチ追加。
bis76krotehead25
背びれ?も追加。
資料を見ているとライトカバーは紛失してしまったのでしょうかね?
えでぃさんとこやクロニクルの画像、個展での展示でもついてないですね。

ZWbis 1/76 KROTE 12

bis76krotehead27
 1.5cmバルカンを1/76にするとおよそ0.2mmになりますが
手持ちの0.2mmドリルがチャックではさめない!
まあ、あたらしいピンバイス買えって話なんですが
0.3で開けてからサフ塗ればだいたい合うかなと。
bis76krotehead26
ライト取り付け基部を開けまして
bis76krotehead28
ケロリ
bis76krotehead29
ゲロゲーロ
実にカエルらしい表情になりましたね。

しかし、まだまだ先は長いぞ!
     つづく

ZWbis 1/76 KROTE 13

bis76krotehead30
 頭部が出来てきたので胴体に乗せてみたところ、なんかイメージとチガーウ。
資料とにらめっこしてみたかんじ、ちょっと頭部が後ろすぎかなあと。
bis76krotehead31
元の穴を埋めて、開けなおし。
bis76krotehead32
胴体をいじったらまたかわるかもしれませんが、ひとまずこんな感じでいいかな。

ZWbis 1/76 KROTE 14

bis76krotehead33
 いつもどおりサイズの合いそうなランナー見つけます。
このとき真円度も確かめたほうがいいですね、今回のはちょっと楕円すぎで失敗しました。
bis76krotehead35
画像ではわかりづらいですが先っぽをコの字の段差が出来るように削ってます。
bis76krotehead34
サフは確認のためにだけ塗ってますから、乾き具合は気にせずがんがん作業しちゃいます。
bis76krotehead36
レーダー基部にランナー径の穴を開けまして、ランナーから切り離したあと
すっ飛ばしてタイムロスするハプニングをはさみつつ
bis76krotehead37
レーダー取り付け部分の出来上がり。
溶きパテ塗って、エッジでたらひとまず完成です。
レーダーはちょうどいいエッチングでも探しますかね。

ZWbis 1/76 KROTE 15

bis76krotehead38
 レーダーに使えそうなパーツとして、この安売りで買ったエッチングセットが選ばれました。
正規の使われ方をされることの無くなったこのパーツが何用かはあえて語りますまい。
bis76krotehead39
このパーツのなかで大きさが良さそうな部分を切り取ります。
bis76krotehead40
レーダーを完全に再現するのは当然無理なんで、縦線は無かったことにします。
bis76krotehead41
これまたつまみづらいところ、ガリガリ削ります。
金属なので結構強気でいけます。
真ん中の線も抜いてしまいたいんですが、強度を考えて迷いちゅう。

Raiden 1/48 Melu&Nixe 01

48melu01
 WFに何か持っていきたいなと思いつつもアイテムが決まらなかったんですが、打ち上げには大きい荷物は持ってくるなというお達しなので以前WFで購入した48スーツにする事にしました。
48melu02
まず離型剤落としです。
マシーネン界ではマジックリンに漬け込むのが定番ですが、確実に落としている手応えが欲しいわたしはレインボウエッグのKATOOOさんに教わった歯磨き粉で落としてみました。
手応えがある分疲れますね。
48melu03
ざっとゲート処理してやっただけで、ここまで組み上がりました。
ピンボケで判り難いですがプロポーションは非常に良好です。
腕は肩装甲も含めて1パーツだったり、分割と抜きが素晴らしいです。
48melu04
勢いでNixeも手を付けてしまいました。
48melu05
センサーの取り付け穴等あけて、あっというまに形になってしまいます。
ちなみに接着はまだしていません。
デフォルメされてないのになんか可愛い。

Raiden 1/48 Melu&Nixe 02

48melu06
 現在最新ヴァージョンと思われるマモ本のメルジーネを見ながら製作です。
48melu07
レーザー用ケーブル基部とかアンテナとかジャンクプラを使って再現。
48melu08
ロッドアンテナには森永のオマケのジムのランナーを使用。
ちょっと太すぎな気がしますが頑丈そうでいいでしょ。
この青がなんかいいです、傭兵ブルーの参考にしよう。
48melu09
Nixeもマモ本を参考にディテールUP。
48melu10
わかんないでしょうが、中華換気扇カバーにうすうす攻撃してます。
48melu11
伸ばしランナーで細かいディテールを追加。
額のはセンサーでしたっけ?どっかに設定あったかな?

Raiden 1/48 Melu&Nixe 03

48melu12
 左腕は砲口を開口。
48melu13
各部装甲板は全部うすうす攻撃とまるまる攻撃でピンポン球らしさを出してます。
48melu14
瞬着で接着、なかなかさまになってきた。
48melu15
足はですね、接地性を高めるためにポリを仕込んで可動するようにしました。
48melu16
モモにも可動を仕込みました。
これで直立状態(膝曲がってますけど)ではなく角度のついたポーズで立たせられるようになりました。

Raiden 1/48 Melu&Nixe 04

48melu17
 いきなり完成です。
製作中の画像を撮る余裕がありませんでした。
48melu18
カラーリングも考えてる余裕なかったので、マモ本の真似して塗りました。
48melu19
コード類はMr.WAVEのものを使用。
芯を通してある程度形を付けています。
また腕側のケーブル接続基部も追加しています。
48melu20
中華換気扇の中のファンも塗装で再現してみました。
48melu21
シュレックの後方排気ノズルのガードは肉抜きました。
48melu22
Nixeのアンテナはポリ伸ばしランナーで作ってみました。
この画像ではヨレヨレですが、しばらくほっておくと自然と真っ直ぐになります。

Raiden 1/48 Melu&Nixe 05

48melu23
 腕は前後方向だけ可動します。
受け側を入り口が狭くて中が広くなるように削り、先を太らせた差込部がポコっとはまるようにしてあります。
48melu24
左右腰装甲の取り付け幅がずいぶんと違ってますね。
Nixeのが広くて当然足の可動範囲も広いです。
48melu25
メルジーネはこれくらいが限度です。
装甲にケーブルが干渉しまくりなのも問題ですね。
次は装甲も可動させましょうかね。
48melu26
Nixeはもっと角度が付けられます。
片足立ちも可能。
48melu27
匍匐前進も可能。
48melu28
メル「さっさと立て!前進だ!!」
Nixe「これだから間接視認野郎は・・ ここでは臆病なくらいでちょうどいいんだ」
48melu29
ベースは用意する時間がなかったので、適当にデッチUP。
日東AFSのランナーに真鍮線をさした物。
横山さんにサインしてもらうスペースがないのが誤算でした。
48melu30
これでうちのシュトラール軍戦力がすこし増強されました。
宇宙戦力の拡充もしたいんですが、配備の目処が立っていません。
作って楽しいキットでした、もっと確保しておけば良かったな~。
さてWF打ち上げで、Nixeはニーゼと発音するのが独語的には正しいとの話を聞きましたがどうなんでしょ?

Powered by FC2 Blog

Copyright © 積むか?組むか? All Rights Reserved.