NITTO A.F.S 11

nittoafs41
 さっそくニーパットをどうにかしましょう。
せっかくですから後ハメにしますかね。
接続軸と同じ径のポリランナーを用意しました。
nittoafs42
こんな感じで、ニーパットを後から挿しこめるようにしてみました。
軸を復元したほうが早いかなー。
nittoafs43
膝関節のほうはというと、接続軸が2mmと3mmのランナーを用意して試してみました。
nittoafs44
2mmだとそのままでいけます。
3mmだと1mmほど隙間あきます、あたりまえですね。
いじくらずにいける2mmでもいいかなと思うんですが、ガシガシ動かすのでちょっと強度が心配かな。
それにフトモモ側のポリ受けをいじくらないといけないんですよね。
3mmでもフトモモ側をいじくるのは同じなんですが、ちょっと楽。
あと全体に幅増しするかどうかも悩んでまして、するなら3mm使うとちょうどいいんですよね。
どうしようかなー。

NITTO A.F.S 12

nittoafs45
 足首側もちょっと悩んでいます。
ボールジョイントにするのはもう決まりなんですが、やはり太さが悩みどころ。
nittoafs46
このポリパーツなら、足首は無改造でいけます。
そのかわりスネ側のポリを仕込むのがちょっと手間です。
nittoafs47
こっちだと足首のポリ受けを考えなくてはいけません。
スネ側の取り付けはちょっと楽になります。
ただ、それ以前の問題があってこのジョイントはうまく奥まで入りません。
曲げると抜けちゃいます、新品なのに。
寒さのせいか、不良なのか。

NITTO A.F.S 13

nittoafs48
 ポリボールを仕込むとこんな感じ。
このあつらえたかのようなハマリ具合がいいんだけどなー。
nittoafs49
今回はスネパーツをなるべくそのまま使ってみるということで、2mm軸でいくことにしました。
nittoafs50
膝側は硬さの調整だけしてやればそのままいけますが、足首側は軸径を合わせてやらねばいけません。
nittoafs51
これでなんとかしてやりましょうかね。

NITTO A.F.S 14

nittoafs52
 プラパイプを切ってだいたい外径3mm、内径2mmくらいのスリーブとしてやりました。
このプラパイプは精度がいまいちなんですが、いっぱい余っているので少しでも早く使い切らないとなー。
nittoafs53
キットの軸穴にはめ込みます。
nittoafs54
軸部分をまわりとツライチくらいに削ってやりまして
nittoafs55
ポリの軸の長さを調節したら、プラ屑を放り込んで接着剤流し込んだ軸穴に差し込みます。
nittoafs56
はさみ忘れが無いようによく確認したら、接着。

NITTO A.F.S 15

nittoafs57
 比較用にノーマルで仮組むつもりだった右足ですが、勢い余って加工してしまいました。
nittoafs58
そんなわけでかなり適当なんですが、上がノーマル状態のモモ位置になると思います。
モモがスネよりかなり後ろにオフセットされていて、非常に落ち着かない気持ちにさせられます。
オリジナルモデルは膝を曲げた状態しかありませんから、ここらへんの参考には出来ません。
そこで自分的に一番落ち着くバランスにしてやることにしました。
下の画像くらい前に移動させてやろうかと思います。
nittoafs59
まずはモモが取り付けられるように2mm軸ポリキャップを仕込む加工ですね。

NITTO A.F.S 16

nittoafs60
 ポリキャップが入るようにランナーの枝をはらいました。
nittoafs61
仮組みしてみると、こんな感じで隙間空いちゃいます。
ランナーの分、2mmくらいですかね。
nittoafs62
nittoafs63
片側1mmくらいずつ削ってやりました。
nittoafs64
とりあえず、これで基本形になりました。

NITTO A.F.S 17

nittoafs65
 あらためてポリの位置を調整して、ノーマル状態をおおよそ再現してみました。
膝を曲げた時にオリジナルモデルは脚後ろ側の面がつながっているのに対し、キットはモモが出っ張っています。
モモの取り付け位置や関節軸の位置関係のためだと思われます。
このへんを可動も重視しつつオリジナルっぽくなるよう検討していきたいと思います。
nittoafs66
nittoafs67
モモの位置をずらすために、すこし削って様子見。
nittoafs68
すこし改善されたかな、可動範囲も増えました。

NITTO A.F.S 18

nittoafs69
 モモの股関節側もポリ化してやりました。
nittoafs70
いつもどおり使い道のないポリから必要な部分を切り出しました。
3mm穴のポリキャップとして使います。
nittoafs71
これをキットにはめ込みます。
キット側がちょっと太いみたいできついんですが,無理やり押し込みました。
いつか割れちゃうかもしれないなあ。
nittoafs72
ポリパーツの厚さを調節して、3mm穴ポリキャップを取り付けられるようにしました。
3mmなら取り付けられるパーツに不自由しないで済みます。
今回はキット側は何も手を加えていません。
nittoafs73
まだなんとなくやり残した感じがあるので、接着せずにおきます。
幅増しをどうしようかな。

NITTO A.F.S 19

nittoafs74
 足首のポリ化もさっさと済ましておきましょう。
nittoafs75
まずは接着してあったのをバラしました。
瞬着でガチガチに固めてあったので、変な所で割らないように気を付けました。
この関節構造はやっぱ無理がありますよね、すこしでも固くしようと瞬着で固めたのかな。
nittoafs76
ここに仕込むボールジョイントは、結局新しく使える組み合わせのを用意しました。
使えなかったパーツはボール受けの中のパーティングラインの位置が悪いのが原因だけど、これは不良じゃなくて欠陥品てことかな。
nittoafs77
ボールジョイントの軸がささるように穴を空けました。
軸位置はキットのままですね。
ここ以外だと奥行きを稼ぐためには、ちょっと加工が必要なので。
nittoafs78
nittoafs79
これで脚部の基本パーツが揃ったので、いろいろと検討しつつ加工していこうと思います。
まだまだ先は長いぞ!
 つづくー

NITTO A.F.S 20

nittoafs80
 さんざん悩んでいたモモの幅増しですが、オリジナルモデル画像やネット上の先人達の作例をさんざん吟味いたしましてする事にしました。
オリジナルモデルの脚部が真正面から写っている画像は少なくて、この辺は結局好みの問題かもしれませんね。
nittoafs81
0.5mmプラ板の切れ端を貼ってやりました。
AFSの足はニーパッドの幅が広いのが結構特徴になっていると思うんですが、モモをあまり太くしてやるとその辺がスポイルされてしまい、ニーパッドの作り直しひいてはスネの幅増しにまで手を付けるはめになりかねません。
そこでギリギリのラインの0.5mm幅増しにしました。
nittoafs82
内側に幅が広くなるように、内モモ側に0.5mm分のスペーサを接着しました。
ポリパーツも幅が広い物に交換、またまたジャンクから。
nittoafs83
加工前の画像を撮り忘れたので比較できず、正直あまり変化がわからないと思います。
わたしもです。
CYLONRAIDER00
大掃除したら、こんなん出てきました。
奇跡的にパーツも全部揃ってる。
いつかナッツのキットが出たらこれでディテールUPだ!

Powered by FC2 Blog

Copyright © 積むか?組むか? All Rights Reserved.