Newcomer 16

newcomer103
 影の型を用意します。
ファルケ塗装カードとか持ってないので、マックロ本からトレースしました。
newcomer104
こちらが影の形状確認ようで
newcomer105
こちらが影の元です、最終的な形が決まるまでいろんな大きさを試しました。
newcomer106
こんな風にぶら下げます、ちょうちんあんこうみたいです。
針金の影が出ないようにするのが面倒でした。
newcomer107
で、こうやって影の形や位置、濃さなどを調整しました。
newcomer108
導き出された形がこれです。
支えも簡単に曲がらないように真鍮に変えました。
newcomer109
全体を組んでみたところ、台座があまりにも目立ってしょうがないのでなんとかギリギリ奥に設置しなおしました。
newcomer110
台座を後退させたので、カンテラも前後逆にして使用。
このカンテラはこの仕掛けにドンピシャな設計で助かりました。
スイッチが使えなくなったので、木片を替わりに。
newcomer111
ここまで出来上がったのは展示会二日前くらいでした。

Newcomer 17

newcomer112
 これは実際に見てもらわないとやりたかった事が伝わりにくいと思いますので、ハセガワファルケの発売前にお披露目が間に合ってよかったです。
あとはファルケの発売を待つだけですが、展示会で判明した誤算がひとつ。
ファルケ完成後の飾り台としても使う予定だったんですが、置くだけのスペースがない!!
スタビライザーが無くてもギリギリというところ、飾る時は建物撤去ですかな。
newcomer113
今回間に合わなかった小物もちまちま作っていこうかと思っています。
newcomer114
「敵襲!?」「まわせー!!」
もう一個の展示会参加作品のPKAを使ってこんなことも。
ベース上に固定された物がないので、いろんなシチュエーションを楽しめます。
こういうやりかたは情景物では邪道ですかね?それとも情景模型ですらない?
ブーンドドドするための物なのでこれでいいんです。
ホルニッセやフレダマなんかのバージョンも作りたいですね、ノイスポッターの影ってどんな形かしらん?

NITTO A.F.S 01

nittoafs00
 作りかけシリーズ、お次はAFSです。
見事な作りかけっぷりです。
nittoafs01
そんな中でまったく手を付けていなかった腕から作っていくことにしました、なんとなく。
nittoafs02
肩には横回転軸がなくて、肘関節から回る仕様になっています。
なんか違和感を感じつつも、面倒くさいことしたくないのでいじりません。
肘関節受けをポリに代えつつ、バラせるように加工をしました。
ポリの形を整えて、中にうまく収めます。
nittoafs03
ポリランナーの輪切りを用意します。
nittoafs04
わかりづらい画像ですが、肩関節軸に輪切りを挟んでいます。
ここもあまりいじりたくなかったので、試しにやってみました。
はたして効果があるのか?完成したころにはわかるでしょう。
nittoafs05
もともとの肘関節受けをポリパーツが落ちない程度残して削ってやりました。
肘関節を二重にしたいのでなるべく奥まで差し込めるように。
nittoafs06
接着剤が乾くまでしっかり固定。

NITTO A.F.S 02

nittoafs07
 二重関節にはコトブキヤのを使ってみました。
まえに結構いっぱい買い込んだんですよね。
nittoafs08
こんな感じ。
ただ問題としては、横回転できない!!
幅めいっぱいですやん。
nittoafs09
丸いのに変えたら解決しました。
また一個パーツを無駄にしてしまった。

NITTO A.F.S 03

nittoafs10
 前腕もポリ化するわけですが、日東キットは肘関節の角度がオリジナルと90度ずれています。
金型の抜きの都合でこうなったんだと思いますがついでに直したいと思います。
nittoafs11
ポリキャップがちょうどピッタリはまる8mmパイプを使いました。
nittoafs12
ちょうどいい長さに切ったら、前腕内にうまく収めてやります。
これでポリキャップを固定してしまうわけです。
手持ちの材料で一番簡単に出来そうな方法がこれでした。
このポリキャップに肘関節を差し込めば、前腕側でも回転出来るのでオリジナルの状態も再現出来ます。
nittoafs13
使わなくなったキットの関節部分を切り取り、ボールジョイントがなるべく奥まで差し込めるように加工してやりました。
nittoafs14
ガッチリと接着。

NITTO A.F.S 04

nittoafs15
 ボールジョイントを可能なかぎり奥に突っ込んでこんな感じになりました。
ちゃんと比べたわけではありませんが、元の状態とほぼ同じくらいの長さになったと思います。
nittoafs16
ここまで曲がるようになりましたー。
えー、ノーマルがどれくらい曲がるのか試さなかったのでかわったのかどうかわかりません。
まポリ化できたからいっか。
nittoafs17
リボジョイントとかも面白いかもしれないですね。
どっかに仕込んでみるかな。

NITTO A.F.S 05

nittoafs19
 レーザーガンはちょっと薄いような感じがしますが、ポッチを一つ追加のみで。
nittoafs18
銃口は開口してやりました。
nittoafs20
今回も関節はカバーしてやりたいと思います。
PKAのときに作ったやつでテスト。
nittoafs21
オリジナルになるべく近いかんじにしたいので、ボールジョイントだけをカバーしてやりました。
PKA用ではサイズがオーバー気味で、せっかくのしわしわが意味ないですね。
すこし細めに作ってやればなんとかなりそうです。
nittoafs22
左腕に銃を持つ男、その名は!
スキンヘッドもいいなあ。 

NITTO A.F.S 06

nittoafs23
 右腕上腕も左腕と同じ加工をして組み上げました。
オリジナルの画像を見ていて、ディテールの違いを見つけました。
スジボリの位置がもっと低いところにあります。
ゲートが邪魔だったのでしょうかね?
nittoafs24
気付いてしまったからには直します。
元のスジボリを埋めつつ、ケガキます。
ゲートの処理をしてなかったので、ゲート直下になりました。
ゲート処理してからやったほうが良かったかな。
nittoafs25
上腕自体の形状がオリジナルとは微妙に違うので、だいたいあってればOKとします。
nittoafs26
やり過ぎてガタガタになる前にいいところでやめて置きます。
nittoafs27
終端はオリジナルのライン自体が消えかかってる感じなので、適当なとこで止めました。
それに終端のうまい処理の仕方が判らないんですよね。

ちなみにWAVEのキットはオリジナルに近い位置になってます。

NITTO A.F.S 07

nittoafs28
 右腕前腕もやはりオリジナルとは肘の角度が90度違っていますので、左腕と同じように加工しました。
中に仕込むポリキャップは手首の分が増えて二個になりました。
左腕よりスペースがないのでちょっと面倒でした。
nittoafs29
無理やりな仕込み方をしたので、しっかりガッチリ接着。
nittoafs30
接着されたら中の具合を確認。
ガタがあったのでスペーサをかませました。

考えてみるとキットをオリジナルモデルに近づけるという試みは、偉大な先達によって幾度となく行われているんですよね。
そのへんをあらかじめ良く調べておけばもっと楽に進められたかな?

NITTO A.F.S 08

nittoafs31
 手首もせっかくですからグリグリさせてやります。
今回はあえてボールジョイントは使いませんでした。
nittoafs32
キットの軸を切り飛ばしました。
こういうのも取って置いてあります、なんかに使える日が来るはず。
nittoafs33
グイグイとジョイントの取り付け穴を彫りました。
AFSの掌は厚くて結構しっかりした取り付けが出来そうです。

Powered by FC2 Blog

Copyright © 積むか?組むか? All Rights Reserved.