NITTO A.F.S 29

nittoafs118
側面も平らにするべく、削りました。
キットはつま先に向かって細くなっていますが、オリジナルモデルはカカトからつま先までほぼ同じ幅のようです。
これを再現するために細くなってる部分にプラ板を貼り足してやるべきなんでしょうが、手間に比べて効果は微妙かなと思ったのでやめておきました。
nittoafs119
内側はプレート状モールドが邪魔なので、出来るとこだけ。
nittoafs120
そこらへんでやめておけと囁く声が聞こえ始めたので、基本形状はここら辺で。
nittoafs121
角をC面を出す感じで削りつつ、丸めてやりました。
nittoafs122
中途半端な形になってしまいましたね。
もっと資料集めをしっかりしてから始めるべきでした。
さてさて、もう一個同じの作るのかー。
Ma.K.WEBコンペ
Ma.K.WEBコンペもうすぐ締め切りです、参加する方は忘れずに。

NITTO A.F.S 30

nittoafs123
 足を組み立ててみましたが、やはりニーパッドが無いとカッコつかないですね。
さっそく取り付けてやりましょう。
nittoafs124
オリジナルっぽくするには、どうしたらいいかといろいろな向きを試してみました。
ここはキットのままでよさそうです。
nittoafs125
nittoafs126
こんな感じで取り付けられるようにしてみました。
nittoafs127
横山さんは前側に取り付けろと言っていますが、オリジナルモデルにならってなるべく後ろに取り付けてみました。

NITTO A.F.S 31

nittoafs128
 わかりにくいですが、接着剤が乾いたあと瞬着でコートして強度UPをはかりました。
クリアプラはとくに割れやすいので、中からもしっかりコートしました。
nittoafs129
ニーパッド上端の丸くえぐれてる部分がなくなるように削ってやりました。
完全に丸くはせず、ちょっと平らな部分を残してます。
あんまりやりすぎて小さくならないように注意しました。
本当は十字にスペーサをかませて大きくしてやりたいとこですね。
nittoafs131
やっとこパーツが揃いました。
PKAとはまったく違う系統のデザインですね。
スーツ系の足デザインでは一番好きだなー。
さてどうやって可動範囲を広げてやるかな。

NITTO A.F.S 32

nittoafs132
 スネ外側の傾斜装甲?がキットでは立派すぎてイメージとちょと違う。
nittoafs133
この辺をすこし削ってやることにしました。
余計なとこを削らないように注意しながら、デザインナイフでおおまかに削りペーパーで仕上げ。
nittoafs134
nittoafs136
上のほうに向かって薄くなるように削りました。
nittoafs135
キットではほぼ直角に立っていますが、ちょっと前方に向かって角度をつけました。
溶接跡を削らないようにするのに気を使いました。

NITTO A.F.S 33

nittoafs140a
 この画像ではわかりにくいですが、スネ装甲の形状変更でオリジナルモデルっぽくなった気がしてます。
nittoafs137
さて関節にはカバーを付けてやるんですが、膝はタイトでカバーをはさむスペースがありません。
nittoafs138
そこでモモ側の開口部を広げてやりました。
カバーが丸いので全体的に丸みをつけて削り込みました。
nittoafs139
テストした感じ、可動も妨げずにカバーが装着できたのでOKですね。

NITTO A.F.S 34

nittoafs141
 WAVEキットは関節部分が長いのがちょっと不評だったりするんですが、どれくらいが正解なのでしょうかね?
オリジナルは二体とも膝を曲げて関節の隙間が全然ない状態だったりしますし。
nittoafs142
これくらいだと長すぎでしょうか?
でもこんくらいは曲げたいところです。
nittoafs143
効果はほとんどないですが、合わせ目処理しつつあたる所を削りました。
完成後でも長さ調整できるので、全身出来てからもう一度考えますか。

NITTO A.F.S 35

nittoafs144
 足首は前側はちょっとですが後ろにはこれだけ曲がります。
曲がるって言うか開くって感じですね。
nittoafs145
で、ここまで開くと関節部が丸見えになります。
ここにもカバーは付けるんですが、スペースがつらいです。
nittoafs146
スネ側がとくに狭いので広げてやることにしました。
これは接着する前にやっておきたかったですね。
ポリをよけながら削るのが面倒くさかったです。
nittoafs147
足首側と同じくらいの幅まで削りました。
もうこれ以上は削れませんが、まだ狭いです。
ここにはちょっと細いカバーを用意しないといけませんね。
削ったおかげで、横の可動範囲が広がりました。

NITTO A.F.S 36

nittoafs148
 やっとこ足が二本揃いました。
大阪Ma.K.WEBコンペ参加作品にいい刺激をもらいましたので、負けないように頑張りたいと思います。
微速前進!

NITTO A.F.S 37

nittoafs149
 やっと両足出来ましたので、股関節を作って接続してやります。
3mm軸が使えるようにしたモモ側取り付けに、一軸ジョイントを取り付けました。
ボールジョイントを使わなくても必要な可動範囲は確保出来てると思います。
なにげに二重関節になってますが、モモ側は動かないようにしたほうがいいかな。
nittoafs150
このポリパーツで両足を接続します。
nittoafs151
とりあえずそのまま取り付けてみる。
最近のロボはこんな感じで足開いてますね。
でも人間が着ていると考えると、やっぱりもっと狭くないと駄目ですね。
オリジナルも結構狭いですし。
nittoafs152
様子を見ながら少しずつ削って狭めていきました。
nittoafs153
結局、両モモが当たるとこまで削りました。
これから作業するボディしだいでは、もっと狭くするかも?

NITTO A.F.S 38

nittoafs154
 股関節もカバーしたいので、とりあえず今あるものをつけてみました。
いがいとスペースがなくて可動に干渉します、大きめのカバーを用意ですね。
nittoafs155
さらに装甲パンツを作ってやることにしました。
おそらくほとんどの人が使わなかったであろう固定ポーズ用股間パーツを使います。
パンツっぽい形にカット。
nittoafs156
プラ板を上面に貼って繋げました。
後ろ側のパーツは上面が斜めなので前後にかなり開いた付きかたになります。
これで全体のボリュームと内部スペースを稼ぎます。
nittoafs157
軸穴をあけて履かせてみました。
もっと横幅が欲しいとこですがボディに干渉するので、これが限界かな。

Powered by FC2 Blog

Copyright © 積むか?組むか? All Rights Reserved.