Hasegawa 1/20 FALKE 44

hasefalke185
 コクピット前部ハッチとでも言うんでしょうか、この部分。
ここはハナから可動させる気だったので接着してませんでした。
というわけで可動化に入ります。
hasefalke186
スタビにも使ったジョイントをSAFSの角ランナーにさしてヒンジとします。
hasefalke187
ハッチのバルジ部分、位置もバッチリで上手い具合に奥行きがあるのでここにヒンジを仕込みますか。
ギリギリまで削ってランナーがしっかり嵌るように加工。
hasefalke188
ランナーの長さと位置を合わせ接着。
出来る限り出っ張らなくなるように削ってやります。
hasefalke189
表からだとこんな感じになりました。
あちこち削って、可能なかぎり可動範囲を確保してあります。

Hasegawa 1/20 FALKE 45

hasefalke190
 開閉ヒンジの取り付け穴を機体側にも開口しました。
hasefalke191
ハッチを開けたとき、キットそのままだとかっこ悪いです。
内部のディテールUPをしてやりたいとこでしたが、このときは時間がありませんでした。
hasefalke192
両脇のハッチ台座部分を露出したフレームの一部に見立てて、肉抜きされているっぽい加工をしてとりあえず誤魔化し。

Hasegawa 1/20 FALKE 46

hasefalke193
 ハッチの取り付け、ほとんど問題ないですね。
hasefalke194
パカリ。
hasefalke195
クルリ。
hasefalke196
見えるかな?
ハッチを開閉させた理由のひとつにはこれを見れるようにしたかったのもあります。
第一回ファルケオフで貰った横山さんのサイン。
金色のペンで書かれたものですが、作業で薄くなっちゃった。

GO! GO! HobbyShow!!

hobbyshow00
 行くぞー。

Shizuoka Hobby Show 2009 RC-side

09show06
 さっそくレポート開始です。
まずはラジコン関係からです。
かつてはわたしもラジコンをウィ~ンウィ~ンいわせていました。
09show07
友人に偵察を頼まれたABCの新作ボディ70スープラ。
09show08
最近はタミヤ以外でもスライド金型は当たり前なんでしょうかね。
昔のABCのイメージからは想像できない出来ですなー。
09show09
わたしはこっちが気になったりして。
09show10
ラジコンのとこにあったけどラジコンじゃないKAWASAKIのZ1。
このまま発売されるわけじゃないだろうけど、すごい出来でした。

ラジコン関係リポート終了~。

Shizuoka Hobby Show 2009 Toy&Hobby-side

09show01
 模型とおもちゃ関係いきましょう。
アオシマのこれがちょっと気になっていたのでパチリ。
09show02
回転台に載っているので、うまく取れない。
09show03
乗ってるおじさんは共通なのかな?
09show04
1/24ならなんとかマシーネンに使えたかなー。
09show05
これも見てみたかった平田さん原型の初号機。
実物のでかさは半端ないです。

企業ブースで撮った画像はこれで全部、これにて終了。

Shizuoka Hobby Show 2009 Hasegawa-side

09show11
 これも企業ブースにちがいないわけですが、やはりマシーネンは別格。
ファルケ本サイン会で見損ねた横山ファルケ。
これを見るのが今回の目的の一つでした。
09show12
この冬季迷彩のはがれ具合、センスも知識もないとできませんねえ。
この塗装も作りたいけど、目標とすべき代物のレベルが高すぎるなー。
09show13
伊原源蔵さんのファルケ。
09show14
こちらはまたちょっと違ったはがれ表現ですな、破片等のダメージによるものって感じかな。
航空機がこんなになるまで放って置かれるもんなのかちょっと疑問ですが、格好いいんだよね。
常に配備数が不足気味のファルケなら、ヘビーローテな出撃で塗装なんて構ってられないってのもありか。
09show15
ファルケを囲んでみなで談笑、ファルケオフみたいです。
09show16
女性のほうが平田さん作のに似てるように見えるのは気のせい?
それとも今回はヒールさんじゃなくて平田さんが作ってるのかな?
09show17
背中ばっか写されるおっさんの顔はこんなんです。
09show18
スタンドは付かないと困りますが、スーツも付けて欲しい。
しかしあまり高い価格だとシリーズの命取りになりかねない気もする。
ハセガワ様の上手い采配に期待。

 金色ファルケとかオリジナルモデルとか秀さんのとか、本当はいっぱい撮りまくりたかった。
冬季迷彩も源蔵さんのももっとしつこく撮りたかったんですが、うちのカメラ兼電話機がバッテリー切れ!
残念無念。

Modeler'sClubExhibition 2009 table.1

09show19
 モデラーズクラブ合同作品展を猛烈に見たくなったのが、今回初ホビーショーになるきっかけでした。
実際に会場に入ってみますと、想像していたのより数百倍の迫力に圧倒されました。
これだけの規模でなおかつそれが全部完成された模型で埋め尽くされているというのは半端ないです。
しかもどの作品も作り込みが尋常ではない。
わたしのような積みモデラーには凄いプレッシャーがかかる場所でした。
09show20
完成品ばかりではなく、貴重なコレクションの展示も。
一回も見たことないような物から、これ持ってたって物まであって懐かしくなったり。
パッケージやランナー状態の模型も魅力的ですよね、積みたくなるのも仕方ないなー。
09show21
噂の「ろうがんず」も出展してました。
手前の作品が石坂さんのです。
石坂さんとは残念ながら遭遇しませんでした。
09show22
荒木&荒川両氏によるユニット「WILD」のブース。
09show23
どの角度から見ても楽しめる作り、そして徹底的に作り込まれた自然環境。
ここだけ湿度が高くなる感じがする不思議な空間でした(当日は雨でしたけどね)。
09show24
展示ブースを目一杯使ったこんな作品もこういう場所ならではでしょうな。
09show25
デニム地のカーモデルなんてのも。
09show26
無線カメラ搭載のラジコン戦車で、市街地を爆走するブース。
子供がいっぱい集まってました。
これ、コンバットデジQでやってみたいなー。
09show27
磨きこまれたボディが美しい、全金属製ラジコン戦車。
09show28
M110と言うんでしょうか、見てのとおり結構な大きさです。
動力は電動で、非常に軽快に動いておりました。

 模型メーカーの集まる静岡ならではといいますか、参加者も見学者も老若男女問わずでふつ~にお祭りなんですね。
模型作りがちゃんと市民権を得ている証拠でしょうか、とてもいい雰囲気でした。
参加者同士はもちろん、見学者との交流も盛んでしたね~。
遠方からはるばる参加される方々の気持ちがわかるような気がしました。
次回も必ず見に行きますので、参加者の皆様また素晴らしい作品をお願いしまーす。

Modeler'sClubExhibition 2009 table.2

09show29
 ソリッドモデルから全金属製飛行機まで様々な模型が集う理想郷。
時間も知識も足りずほとんどを流し見するのが精一杯、ああ勿体無いな~。
そんな中で気に入った、気になった作品をちょっと紹介。
昔夢中になって、最近また熱中した「宇宙空母ギャラクティカ」。
その中から主役メカである旧シリーズデザインの元祖ギャラクティカです。
これは旧モノグラムから出ていたプラキットではなく米国製ガレキ。
別のブースでプラキットも展示されていたんですが(撮影忘れ)、大きさは同じ位だったかな。
やっぱりCGの3Dモデルよりこういうミニチュアのがいいなあ。
09show30
新作でも主力機として活躍しています「コロニアルバイパー」。
これは旧モノグラム(現在はレベル)のキットです。
わたしも持っていましたが、かなり大雑把な出来でした。
それを見事プロップっぽく仕上げていらっしゃる。
この出来で手頃なサイズのキットが出ないかなー。
09show31
写りが悪いですが、キットではクリアパーツですらないコックピットをちゃんと再現してあります。
レベル再販版でコックピット追加ってことじゃないよね?
ヘルメットのデザインが懐かしいなあ、乗っているのはアポロかスターバックか?
09show33
この翼の畳み方がたまらんです。
強度とか角度とかちゃんと考えられてるんでしょうね。
ファルケのあそこがあんな風に折れ曲がったら面白いだろうなー。
09show34
浮上中の「Uボート」だと思います。
雑誌に掲載された作品だそうです。
普段ほとんど雑誌は読まないので、こういう知らない大作が一杯あるんでしょうね。
これはなんといっても水の表現が素晴らしい。
09show35
こういうのって近寄って見るとアラが見えたりするもんですが、これは近寄れば近寄るほどそのディテールの細かさに圧倒されました。
こんなに激しい動きの水面を一分の隙無く表現しております。
どうやって作ったのか工作法すら思いつきませんが、なんといってもこれだけの面積を丹念に作業しておられるのが凄いです。
見習いたいもんです。

Modeler'sClubExhibition 2009 table.3

09show36
 デフォルメメカをずらっと並べたブースがありまして、その中にあったAT達がいかしてました。
ATってデフォルメがすごく似合うと思うんですが、以外とそういう感じの商品ってないんですよね。
カブリオレがめちゃめちゃかっこいい、WFで売る予定はないかしらん。
これはチョロQボトムズやるしかないですよ高橋監督、もちろん3Dモデルは無しでね。
09show37
日本では結構有名なあの船です。
形あるものはすべてが創作対象なんでありますな。
「ろうがんず」のとこにありました。
09show38
装甲列車?違います長い戦車です。
覆帯の長さが凄いことになっております。
こういう極端なデザインすきです。
09show39
こちらも同じ方の作られた作品かと思われます。
幻に終わった日本の多砲塔戦車「乃木一号」です。
嘘です、こちらも作者様のオリジナルデザインのようです。
名前や砲塔周りのデザインから判るとおり、あの多砲塔戦車をモチーフにしてるようです。
09show40
こちらも同じ方の・・では有りません。
前から気になっていた代物だったのですが、思い切って聞いてみたところこれは実在する車輌とのこと。
地雷の撤去を目的に試作された物で、現在も実車が存在するらしいです。
スケールモデルの世界も面白いですなあ。
09show41
これは実在する車輌?艦艇?だと思います。
陸海万能探検車って感じで好きですねえ。
09show42
あったあった、ありましたよこれ、マッドポリス。
09show43
こんなにシリーズあったのかなー、それともオリジナルも混ざってるのかな?
童夢っぽいのは覚えがあるような。
おおらかというか無茶というか、いい時代でした。

Powered by FC2 Blog

Copyright © 積むか?組むか? All Rights Reserved.